マナカル豊川諏訪校通信-子供のやりたいにどう向き合うか?―2021.05月号

2021-07-04

いつもありがとうございます。

パソコン教室 マナカル豊川諏訪校の村松です。

5/12より5/31まで、緊急事態宣言は発出されています。教室では、今以上に気を引き締めて日頃の感染防止対策に努め、通常通り開講をしております。引き続き、皆様にも感染防止対策のご協力をよろしくお願いいたします。

なお、通うことに不安のある方は、休講の対応も可能です。その際は、教室までご連絡お願いいたします。

*********************************************

【今月のもくじ】

  1. 校長コラム「子供のやりたいにどう向き合うか?」
  2. 教室のようす
  3. イベント情報
  4. がんばってるお母さんへ
    気持ちが軽くなる処方箋コラム Byアツシ
  5. 教室からのお知らせ・配信停止

*************************************************

1. 校長コラム「子供のやりたいにどう向き合うか?」

子供たちが何かにチャレンジしたいといった時、

まだ小さいからダメ。危ないからダメ。など、つい言ってしまいがちです。

私自身のエピソードですが、私が小学5年の時、夏休みに新潟の祖母の家まで一人で新幹線で行きたい!と母にお願いしました。「何度も一緒に行ってるから、大丈夫。」と母のOKをもらい、私の夏休みの大冒険が決行されました。

スマホもない時代、もし、道に迷っても駅員さんに聞けば大丈夫!と母に送り出され、豊橋から新幹線に乗り込み、広くて人も多い東京駅に到着。案内板を頼りに、山手線に乗り換え、上野から上越新幹線に乗り新潟にたどりつくことができました。

やりたいことがある。現状を変えたい。その思いと同時によぎるのは不安です。

本当にできるのか、失敗したらどうしよう。。。いろんな不安があります。

でも、冷静に考えてみると、頭の中で描いた不安が、実際に起こるかは、行動してみないと分かりません。だったら、行動して確かめればいいと私は思っています。

そして、行動しはじめると、不思議と自分のチャレンジを成功させたいという思いが募り、ものごとがいい方向に行きます。そうすることで、チャレンジすることへの恐怖から解放されると思います。

以上のことから、子供たちが何かチャレンジしたい時、行動することへの不安をいう前に、今できるベストの方法を一緒に考えて、サポートして欲しいと思います。

例えば、小学5年の新幹線の冒険は、治安的に現代では難しいということなら、まずは豊橋まで在来線を使って1人で行ってみるなど、今できる方法の1つを提案するといいと思います。

そして、もし、そのチャレンジが成功したときには、成功体験から自信がつきます。

その積み重ねが行動力を生み、自ら、道を切り拓く力になります。

子供たちのやりたい気持ちを尊重しながら、ベストな方法を是非一緒に探してみて欲しいと思います。

 

2.最近の教室

プログラミングの授業の初めに、園児~中学生まで必ずタイピング練習を行います。運動でいうと筋トレのようなものです。ルーティーンです。はじめは中々思うように指が動かせず、最後までやりきれない場合もあります。でも、練習していくうちに、「もう1回やってみていい?」と、子供たちが申し出てくれるようになります。伸びるポイントはこういう時です。やらさられてるのではなく、自らがやりたいという気持ち。中には、ほぼ毎日、家でタイピング練習を欠かさないという子もいます。自己ベストを更新しようとみんな頑張っています!

コミュトレでは、ディベートやディスカッションのテーマを日直さんに決めてもらいみんなから意見を聞いています。

新6年生の子が考えてくれたテーマ「修学旅行に行けるようにするにはどうすればいいか?」

コロナの影響で、もしかしたら行けなくなってしまうかもしれないけれど、みんなでできる方法について考えてみました。「感染予防対策をしっかりやる」「人の少ない観光地を回る」「バスで集団行動」「自主的に考えて、行動できるようになる」などいろんな意見が出ました。

テーマを出してくれた子は「自分が思いつかなかった意見が聞けて、行けるかもと思えました」と言っていました。自分が意見を言うこと、人の意見を聞くことから、自分にはなかった発想に触れ、脳がブラッシュアップします。コミュトレを始めたころは、自分の発言の番になると、何を言っていいかわからず、沈黙が続いてしまう子も、しばらくすると自分から手を挙げて発言してくれるようになります。それは、意見を聞くことで、引き出しが多くなり、自分の意見がどんどん増えきた証拠です。このように、自らが考え、行動する力を養っています。

 

 

 

3.イベント情報

■マナクラ部 vol.23 5月開催(場所・時間変更あり)

釣り大会やブランチマイニング大会など、みんなが楽しめる企画や、ネザーランドを探検し、ネザー要塞発見のため協力する人、お店を作り商品を売買したり、自分のできる範囲で協力しながらワールドを楽しんでいます。マイクラが好きな子、Java版(パソコン)の面白さを体感しませんか?見学無料です。見学、参加ご希望の方は、村松まで。

※現在、マナクラ部は定員に達したため、新規入部は受付しておりません。

日時:5/29(土)13:00~15:00

場所:緊急事態宣言発出中のためオンライン開催(自宅)

※ワールドのIPアドレスは、当日メールでご連絡します

参加費:無料

残席:0名(入部をご希望の方は一度ご相談ください。)

入部要項はこちらをご覧下さい。

 

 

■第45回「ママのための写真整理教室」5月開催

2021年6月3日(木)13:00~15:00

@カメラのキタムラ豊川諏訪店

講師 写真整理上級アドバイザー 村松葉子

※コロナの状況次第で、開催場所が変更になる可能性があります。

スマホに写真がいっぱいで撮れない…

何千枚とスマホに撮りっぱ

なしになっている写真。

こんなに撮ってるのに、いつ見返すの?

この矛盾を、解決します。

まずは、お気に入りの1枚を、簡単に見返す方法から

一緒に始めませんか?

子供たちの写真をお部屋に飾ると、

子供たちが自分のことをもっと好きになり

自己肯定感の向上につながります。

ステイホームの今がはじめ時です。

詳しくはこちら

 

 

4.がんばってるお母さんへ 気持ちが軽くなる処方箋コラム Byアツシ

今回は、この世の中に失敗など存在しないという話です。

「失敗は怖い」って感情は、みなさん経験ありますよね?

実は、この恐怖や不安って、実は何の根拠もないんです。だって、行動を起こしてないのに、結果が出る事は絶対に無いので、過去の自分と、過去の経験から推測してるだけの「思い」だけなんです。

言うなれば、それは自分が作り出した、「暗闇のお化け」みたいなもので、知らない事への恐怖で、動かなくても大丈夫って、自分を納得させてるだけなんです。

しかし、行動することで、「暗闇のお化けは怖い」って感覚は、無くなります。だって、行動して、「見えなかった事が、見えるようになった」から。

そして、行動した結果に対して、失敗と考えるか?成功と考えるか?

それは、その結果が長い目で見てどう影響を及ぼすかなので、本当は「今」考えても、答えはありません。

あの経験(当時は失敗と思った)があるから、今の自分が在るんだ!って思えたら、この世の中には失敗は存在しません。すべての経験が成功しかないと思うわけです。子育ての気づきになれば幸いです。

 

 

5.教室よりお知らせ

・コースの変更、退会は、前月の3日までにお知らせください。

 

・マナカルKidsの授業の振替について、授業開始後のご連絡の場合、振替はできません。必ず授業時間前までにご連絡をお願いします。

 

・子供さんの気になることやご相談がありましたら、面談を受け付けております。こちらのメールにご返信いただくか、お気軽にお声がけください。

 

・ぜひお友達をご紹介ください。¥3,000の図書カードを進呈いたします。

 

・本メルマガのご感想などは、このメールアドレスへご返信をお願いします。

 

・メルマガの配信停止は、お手数ですが下記の「配信停止」のリンクから、本文にお名前を入力いただき送信してください。

mailto:info@sima56.com?subject=配信停止

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

バックナンバーはこちらからどうぞ。

 

今日も元気でありがとう

令和3年5月20日発行

マナカル豊川諏訪校 村松葉子

豊川市諏訪3丁目165-1

0533-79-4979

info@sima56.com